Novel life~musashimankun’s blog~

漫画「きっと、いいことあるさ~君が住む街で~」を週刊で連載しています。

「闇が滲む朝に」🐑章 第32回「自分が飛んでいる。あの体験が全てを変えた」

自分がどこかに飛んでいる
 リングのコーナーポストから飛び降り、相手選手のラブレスタ―めがけて身体をぶつけていった筈のヒゲさんの身体は、悲惨にもマットに全身を打った。そこにラブレスタ―の姿はなかったのだ。ヒゲさんはその時・・・・・・。自分がどこかに飛んでいると感じた。
 
 自分がゆっくり空を飛びながら、やがて見えてきたのは霧の中に浮かぶ川だった。その先にどこかで見た記憶のある人たちがいる。にこやかとはいえないが、確かに手を振ってこちらに来るように促している。ヒゲさんはいい気持ちのまま、川を渡りそちらの方向に行こうとした。しかし、どこからか、「まだ、そこはダメだよ」という声が聞こえてきた。
 

f:id:musashimankun:20200315135222j:plain



まだ、そこはダメだよ
 ヒゲさんはその声を無視して再度、その川を渡ろうとした。
 「まだ、そこはダメだよ」という声が聞こえたかと思うと、誰かがヒゲさんを地上に戻そうと身体を引っ張った。その瞬間、ヒゲさんは再び激痛を感じて目を覚ました。
 
 ヒゲさんが再度、目を覚ましたのは自分が病院のベッドに寝ている時だった。ヒゲさんはラブレスターとの試合中に心臓発作を起こし失神したのだ。その後もプロレスのマットに上がり試合を続けたが身体の不調が続き、失神した1年後に本当にプロレス引退を決意した。
 
あの体験が全てを変えた
 ・・・・・・・・・・・・。
 あの時、自分に「まだ、そこはダメだよ」と声をかけてきたのは誰だったのか。
 「竜乃湖」のほとりでストレッチをしながらヒゲさんは思う。あのまま、自分は向こう岸に渡っていたら、こうしてジョイを連れて「竜乃湖」には来ていない。

 ヒゲさんは大きく深呼吸する。傍らには寝そべるジョイが長い舌を出しながら、気ぜわしくハアハアと息をしている。
 
 ヒゲさんは自分がリング上で、あの「自分が飛ぶ体験」をしてから、この世界は神秘で、「竜乃湖」のことを聞いた時に、「竜」は存在するかも知れないと思うようになった。だから「竜乃湖」の近くに住みたいと思ったのだ。
 学生時代からレスリングに励み、そのままプロレスの世界で生活するようになったヒゲさんは、それまで精神世界にはあまり関心はなかったが、試合中の「あの体験」が全てを変えてしまったのだ。

f:id:musashimankun:20200315135309j:plain

 

 

小説「海に沈む空のように」発売のお知らせ
このほど小説「海に沈む空のように」がアマゾンkindle版(電子書籍)として発売されました。現在、はてなブログで連載中の小説とはカラーの違う社会派系小説です。価格はアマゾン「読み放題サービス」契約者の方は0円。単体価格は税込み450円です。

 

f:id:musashimankun:20200315114558j:plain

詳細検索は以下URLをクリックしてください。
http://www.amazon.co.jp/dp/B085MHYZKZ

 

告知ブログとして以下をアップしています。

https://musashiman.hatenadiary.jp/

 

ログとして以下のブログをアップしています